太陽光発電パネル取付が義務化?導入するメリットとは?


そもそも太陽光発電とはどのような仕組み?

東京都知事が義務化について発言したことで、太陽光発電パネルが注目を浴びるようになりました。そもそも太陽光発電とは、どのような仕組みなのだろうと疑問に思う方もいるかもしれません。太陽光発電は、太陽のエネルギーを電気に変える電力システムのことです。あらかじめ、屋根や広い土地などに太陽光発電パネルを設置しておきます。太陽光発電パネルには、太陽電池がたくさん取り付けられており、この太陽電池に太陽の光が当たると、乾電池と同じ状態になって電流が流れるという仕組みです。

太陽光発電システムを導入するメリット

太陽光発電システムには、たくさんのメリットがあります。一番のメリットは電気代が安くなることです。晴天の日中であれば、太陽光発電システムの電力のみで賄うことができるため、電気代がほとんどかかりません。年間で換算するとかなりの金額の節電効果が得られます。太陽光発電システムで作った電力が余った場合は余った電力に売電ができるため、副収入になるというメリットもあります。

停電時でも電気が使えることも、太陽光発電システムの良いところです。東北震災以降は万一の災害時の備えとして、太陽光発電システムを導入する人が増えました。そのほかにも、二酸化炭素を排出しないので地球環境に優しい、節電意識が高まりやすくなる、再エネ賦課金が削減できるといったメリットもあります。これらのメリットに魅力を感じるのであれば、太陽光発電システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

環境への悪影響が少ない太陽光発電は設備が大規模になるほど発電量が増えます。一方で太陽光発電の価格も基本的には規模に比例して大きくなるので、個人で所有する際は注意が必要です。