電気製品は自作できる!自作可能な種類と注意点を解説!


部品と技術があれば高度な電気製品も作れる

家電製品は、必要な部品を用意した上で、配線や組み立てなどの技術を用いれば、自作することができます。よく電気工事士の資格が必要なのではないかと疑問に思う人がいますが、電気工事士の資格がなければならないのは、住宅の配線などの作業です。家電を作る場合は、特に資格は必要ありません。もちろん確かな知識と技術は欠かせませんが、作ってはいけないと法律で禁止されているわけではないです。そして、自作できるものは幅広く、冷蔵庫や掃除機のような高度な家電を作ることも不可能ではありません。

既存の製品に手を加えるという手もある

一から家電を自作するのが難しい場合、既存の家電を素材にして、新しい製品を作るという手もあります。よくあるのが、照明にセンサーを取り付けるという改造です。スイッチを入れっぱなしにしていても、人が通ることで自動で点灯する照明は、比較的簡単に作れます。また、モーターをより強力なものに交換して性能を高めたり、ディスプレイをより解像度の高いものにするといった改造も定番です。

安全面には注意して作業すること

家電製品を自作する際には、安全面に気を付ける必要があります。特にショートによる火災と、感電には注意しなければなりません。乾電池を使用するような小型の家電であれば、問題は大きくなりにくいです。しかし、充電できるバッテリーを搭載していたり、コンセントに繋いだりする家電だと、最悪の場合は命に関わります。そのため、間違ってもショートと感電が起こらないように、最低限の知識は持っておきましょう。知識や技術に自信がない場合は、比較的簡単な家電製作や、勉強から始めた方が良いです。

プリント基板設計は内容によって作業の難易度が異なるのが特徴です。費用だけでなく専門性や作業実績、業界での評判など様々な点を考慮して決めるとトラブルや失敗を避けられます。